ランドリ-内では引き続きコロナ対策を取るように行動致しましょう。


さて、ご参考カタログを
下記よりダウンロード出来ます。



カタログをダウンロ-ドされることによる

お客様情報は取得いたしておりませんので、

ご検討をされる場合は改めて

ご連絡ください。



巷で言われるところの

「コインランドリ-って儲かる?」

と言う問いに、

あなたはどう思われるでしょうか

そこそこに成功するか、しないか

どの事業でも同じかと思いますが

ポイントを得た取り組みが

特に大事なところです。

主に東京都内、埼玉県、千葉県南部にて

field-marketing(マ-ケティング)

の手法で大型コインランドリ-の

ご提案、販売を行っておりますが、


あなたの目的に沿った全体像で

「繁盛するような
場所」探し

のお手伝いから始まり

賃貸物件の環境、

都市計画等による制約のチェック、

ランドリ-としての建物の

適不適のチェック、

給排水、ガス供給のチェック、

機器の選定、

事業計画作成のお手伝い、

リ-スなどのご案内、

機器設置からオ-プン、

オ-プン後の
繁盛運営フォローまで

弊社独特のサ-ビスをしております。





取り組みの上で特に注意を

はらうべきところには

力を入れて時間と手間ひまをかけますが、

時間をかけてリサ-チした結果であっても

店舗新設に向いていなさそうな条件と

思われる場合もあります。


あくまでも全体像とポイントを

きちんと把握しておけばですが

地味な業種ではあるものの

継続性があり、良い事業ではないかと

お勧め致します。




イメージ  出入り口前には駐車スぺ-スも




朝九時に出勤する必要のない

体力もそこそこ使わないで済む

稼働状況が上がってくれば

少し楽しくなってくる

年齢も学歴も問わない

という点が

良いところでしょうか。


かたや

誤解されてはいけないことは

実際上の運営の負担もあるということです。

他者に委託する運営スタイルも

「あり」ますが、

その場合は経費の負担増も招きます。


毎日の機器のフィルター清掃

定期的な洗剤、柔軟剤、グリスなどの

点検、追加。

店内の清掃(外部業者に依頼したとしても、

それでも必要と考えるべきです。)

お客様とのコミュニケ-ション

トラブル対応(イタズラ、

寝泊りなどの迷惑行為、窃盗、)

機器そのもののトラブル対応

売上金の集金

家賃、等々の支払業務

等々、力仕事は少ないですが

自分でしなければいけない仕事があります。

なので、

「何もすることなく儲かる」は無しです。

お客様へのサ-ビス業ということからも!

また、最大の事柄・・・

「期待した売り上げが上がるか」は

どの事業でも共通点にしての関心事です。

これらのことをクリアして

「ランドリ-経営」が成り立ちます。

大型コインランドリ-は

毛布、羽毛ふとん、大物洗いが出来、

洗濯から乾燥までを

一気に行うことが出来ます。

奥様方にも、

あるいは単身赴任者や

近隣の美容室など

業務用途などにも人気があり、

季節の変わり目、

花粉時、

梅雨時の大量の洗濯乾燥、

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 洗濯物イラスト-1024x610.jpg



夏場の大量洗濯、

タオルケットなどの洗濯、

秋口の毛布、

羽毛布団、

こたつ布団、

ダウンジャケットなど、

年末には諸々の年末需要と

今や、「公共物」に近い存在でもあります。

近隣のお客様から喜ばれ

励ましの言葉を頂いたりします。

楽しい事業運営のために

最初に基本的なことに

充分取り組んでおくこと、

不安要素を消去しておくことが肝心です。







(考察)
大型コインランドリー 
繁盛の条件・・・

順次記事を加えてゆく予定です。



1、繁盛エリアにあること

 と言いますと、

 語弊がありそうな表現ですが
 
 「需要があることが条件」であるという

 意味合いのお話です。

 利潤を目的とする場合、

 これは重要な事柄です。(重要)

 「場所」はコインランドリ-の

 「非常に」と言って良い重要な要件です。



 
 洗濯の需要の多い世代が住まわれるエリア

 のみならず

 美容室であるとか、

 マッサージ店であるとか、

 飲食店であるとか、運送業であるとかの

 様々な需要の錯綜するエリアは

 コインランドリーを必要とされる

 エリアであり、

 ランドリ-事業の運営上、

 好ましい場所と言えます。


 エリアを選定するときは

 現在の状況と併せて将来的なことも

 考えに入れておくことが

 望ましいと思われます。


 コインランドリーを設置した場合に、

 利用される方々に「喜んでいただける」

 ということも条件の中に含まれます。

 開業後の、事業運営者のモチベ-ションの

 維持にも大きな影響があります。


2、理にかなった利便性に優れた機器であること。

 お客様サ-ビスの面からも

 経営上の経費の面からも、


 故障は極力少なく耐久性があり(重要)

 機器の基本性能に優れ(市場競争力)

 経費も少なくて済む(重要)

 対応が早いメ-カ-であること。

 (敢えてメ-カ-としておきます。

 サ-ビス全般の戦略を作るのは、

 まずはメ-カ-であるからです。)

 技術陣が前面に出て問題点や市場を

 理解し、解決を目指せること。

 そして、次の製品開発に活かせること。

 この様なことはどの業種においても

 重要な要素と言えます。


3、洗濯乾燥機の導入が良いと思われます。

 コインランドリ-経営は大まかに

 ① お客様へのサ-ビスと

 ② その対価である売り上げと

 ③ 経費

 の3つの要素で決まります。




ご参考機器カタログを
下記よりダウンロ-ド出来ます。


 お客様の利便性を考えますと

 洗濯機と乾燥機が別々にという場合は

 洗濯物を移し替えたり

 洗濯が終わるまで待っていたりと

 不便が多く、良くはありません。

 ですから、

 洗濯乾燥機の有る無しは決定的です。

経費の面からも

 例えば、洗濯乾燥機4台と

 2段式のガス乾燥機2台の場合に比べ、

 洗濯機のみ、乾燥機のみの組み合わせで

 同じ仕事量を確保しようといたしますと、

 単純な掛け算をいたしますが

 洗濯機4台、2段式乾燥機4台となり、

 スペ-スを喰います。




 賃貸の店舗の場合ですと、

 その分、広さを必要とし、

 家賃も高くなり、

 結局、経費が増えることになります。




ですから、

 洗濯乾燥機は

 必須と言えます。


4、既に他業で集客力がある店舗への併設。

既に他の業種での店舗があり、

一日の集客力がある場合、

顧客層の需要が合っていればですが、

併設により繁盛の可能性が

おおいにあります。

ご自分の用地であれば

新たに賃貸費用を見なくて済みますし、

既設店舗の社員の方が

新設店舗のお掃除をされれば

これもまた良い条件です。


機械に抵抗のない仕事をされている

社員の方がおられますと

ぐっと楽になります。

ですからこのような条件を

備えられている場合、

コインランドリー経営はおススメです。


5、繁盛条件のお話ではありませんが

30歳代、40歳代からスタ-トいたしますと

60歳代ころには

サラリーマン出身者とは異なる生活が

出来る可能性があります。可能性ですが。

その為にはたとえ個人事業とはいえ

計画、皮算用が大事です。(重要)

① なぜ、それを(事業を)やるのか。

  ご自分なりの理念や目的です。

② 具体的な予算の皮算用、

  いくらをいつまでに。

③ どのレベルを目指すか。

  何店舗を想定するか

④ いつスタ-トするか。

⑤ SWOT分析、戦略、戦術

⑥ ご自分の年齢要件

⑦ 将来誰につないでゆくのか

くれぐれもわずかな情報で、雰囲気で

全てを決定しないことは

どのビジネスでも、同じかと思います。


店舗の候補地につきましても

ウイ-クディ、休日の人の動きや

雨の日や晴れの日の需要など

基本的なポイントをご自分でチェックすべきです。

ぺ-パ-だけの市場調査に

頼りすぎないことです。

注意すべき点ですね。


6、上記1、4、と重なりますが、
好都合な店舗環境とは

コインランドリ-事業を起業するにあたり、

私見ではありますが、

好都合な店舗環境などを考えますと、



① 買い物の奥様、サラリーマンなどが

常に行き来する、生活用道路に面して

ご自身の所有する建物がある。

最低でも15坪程度はあった方が

良いように思えますが。

・・・という場合は、家賃の負担がなく

運営にはプラスになります。

袋小路ではないことや

都市計画などでの制約がないことは

もちろんです。



② 都市部か郊外であるかなどで

異なりますが

例えば半径500mであるとか、

郊外であれば車で数分以内であるとかの

想定するエリア内に

どの程度のご利用いただける需要があるか

は重要です。

人口は十分であるけれど

需要は少ないという事例も

ありうることです。



③ 建物は

俗っぽい言い方を致しますと

見栄えが良く、明るい感じがする。


間口が狭くなく、

むしろ広い方が良いと思われます。

駐車スペースはもちろんあるほうが

良いのですが

ケ-スバイケ-スかと思っております。




④ 自治体により、

上下水道料が異なります。

また、ガス代金も重要なコストです。

これらはあらかじめ確認の必要があります。

以上は考慮されてはと思います。



記事はその都度書き加えていきますが

さらに具体的に知りたいという方は

運営実績、販売実績に基づいた

ご説明をいたしますので、

   こちらからどうぞ

    ↓↓↓

  担当 福井博秋

070-5591-4067